住宅ローンの事前審査に通るためにすることとは?

住宅ローンは長年支払いをする物ですから、ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。
35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様厳しい審査が待っています。
一般的な住宅ローンと一緒です。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
色々な面から審査されるそうです。
これから住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
とはいえ、年収や勤続年数などは一般的な住宅ローンは、自宅を購入する際に役立ちます。
審査申し込みは銀行や信用金庫で行っています。
審査申し込みの時には、銀行側から言われた資料を用意します。
やはり、最長35年という長い期間、大きな現金を貸すわけですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。
なので、申込をすれば確実に通る。
という期待はできません。
通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。
よくある基準として年数は3年以上、年収は300万以上が最低ラインと言われています。
住宅ローンはどこの会社で選ぶかということも迷うところですが、変動金利か固定かを選択しなければならないので難しいのです。
なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。
しかし、変動は毎月の返済金額が異なるために返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。
けれども、比較的低金利といわれる時代のせいなのか約4割の方が変動でローンを組んでいるという結果もあります。
是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら比較検討して納得できる方法を探せると良いですね。
住宅ローンを組む予定のある方は、借入れ以外で必要な経費はいくらなのか把握しておきましょう。
データでは、ローンの10分の1程度が手数料としてかかります。
利息の安さに惹かれて申し込んでみたものの、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、そんなに安くはならなかったという方も少なくありません。
それで手数料も合わせた総返済額がいくらになるのか、これらを総合的に計算してみる必要があります。
実例を挙げると、金利が安くても保証料が高かったり他の面で高くつく場合があるので注意が必要です。
この先、しばらく付き合っていく住宅ローンを申し込みたい方はボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。
思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、月ごとの返済金額が少なくなるという利点もあります。
ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数あり年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。
そのような事もあり賞与ありきで返済をしているという人は、意外にも半分以下であるというデータもあります。
それでもまとめて返済をしたいという方は、便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。
家を建てるために必要なローンがいくつかあるのですが、とりわけ、つなぎ融資を利用している方も多いのをご存知ですか。
こちらの融資は、十分な経費を用意できない場合、一時しのぎで借りるローンの事を指します。
原則として、住宅の完成からローンが始まるようになっているので建設中の間は、そうした融資を受ける人もいます。
とは言っても、金利が比べ物にならない程高く日割り計算のため取り急ぎ、本命ローンを申請する必要があります。
まずは信用できる銀行を探し、しっかりと内容を確認した上で後悔しない計画を立てられるように詰めていきましょう。

住宅ローンの事前審査とは?金融機関の仮審査!【本審査と基準は違う?】