残業がない医療機関へ転職を望む看護師は多い?

医者は、患者を診察した内容をカルテに記載します。
薬を処方したり手術をする場合、また他の医療機関へ紹介する場合など、全ての基となっているのがカルテですから、逆に言えばカルテに書いていないことをしている時には罪を問われる場合もあるほどです。
これは、看護師の世界でも同じです。
医療事故、ということをお聞きになられたことがあると思いますが、それを検証する時には、関係する全ての書類が調べられます。
当然、看護師が行った医療行為も、誰から指示が出ているもので何の為に誰が行ったのか、ということまで調べられていくのです。
ここで、医師の指示が無い医療行為を行っていれば、行った看護師の責任を問われてしまいます。
だから、看護記録というのは自分の身を守るためにも非常に重要なのです。
ですから、患者に行う医療行為以外に、こういった記録を全て残していかなければならないので、残業が当たり前の世界とも言えます。
この状況は、来院する患者の数、そして電子カルテを導入しており省略化が図られている、とうの状況により違いがありますので、残業を減らすための転職を考える看護師が存在するのです。
看護師求人イマイチ?選び方口コミ中!【ベストな案件を探すには?】